2010年エジプトの旅 DAY②サッカーラの階段ピラミッド

2日目の目的地はメンフィスとサッカーラです。



遠い記憶を紐解きますと

たしかこの日は朝早くにタクシーの運ちゃん何人かと

料金交渉するとこから始めたのでした。


要は

「私は今日メンフィスとサッカーラを見てカイロに戻る。

 カイロに戻ったらいくつかモスクを見たいんだけど

 これ1日いくらで廻ってくれる?」

みたいな感じで、自分が行きたいところを

行きたいように廻って、

その間ずーっとその運ちゃんと行動を共にする、

という自分勝手プラン。



これ、私が一人旅の時によく使う手法で

行く場所も行く順番も、そこでの滞在時間も

自分が好きなようにできるのでとても楽です。


日本だとタクシーって高いイメージですが

こういうプランで貸し切っても金額はたかが知れてます。


日本のタバコあげたり

昼食でもおごってあげれば

(本来はおごる必要ないんですが

 おごってあげたほうが現地の人値段でゴハンが食べれる為

 トータルで安くなる)

ボられることもなくゴキゲンで1日付き合ってくれます。


メンフィスはカイロから約1時間車で行った場所にあります。

「メンフィスとその墓地遺跡」という名で世界遺産にもなっているエジプト最古の首都らしい。


▲スフィンクス オブ メンフィス と書いてあります

▲ラメセス2世という方のやたらでかい像


個人的にはサッカーラ↓↓が非常に好きでした。


ギザのピラミッドは大きさも完成度もピカイチですが

サッカーラは不完全だったり崩れていたりするんですよね。

だからより、作る過程の大変さに思いを馳せるというか。

▲サッカーラで有名なのはこの「階段ピラミッド」


サッカーラは広くてのんびりできます。

炎天下の暑さは要注意ですが…


サッカーラから再びカイロに戻り

もう1つ見たかったモスクを訪れます。


「スルタン・ハサン・モスク」


「カイロにおける初期マムルーク朝の建築物の最高傑作」だそうです。

とにかくデカいし見応えがあったことは確かです。



さて、いかにも順調な1日だったかのように書いてきましたが

実はこの日は朝から大きなハプニングに見舞われていまして…


1日見て回りたいルートを説明し、値段交渉もしたタクシーが

な、な、なんと!!


朝っぱらからタイヤがパンク!

「えぇ〜!!今日サッカーラまで行くのに大丈夫なの??遠いからパンクしたタイヤじゃ無理じゃない?」

「大丈夫、大丈夫!オーケーオーケー!」


駆け込んだのは町のタイヤ屋さん

「すぐ交換するからちょっと待ってて!」

▲待っている最中に撮った写真


運ちゃん、一生懸命タイヤを交換しているのだが

「恥ずかしいから俺は写真に写すな」と言われて絶妙なこの画角

すぐ終わると言われた割には20分〜30分待たされたので

さすがにテキトーな運ちゃんも悪いと思ったのか

ラッシーを奢ってくれました。


まぁでも、このタイヤ交換待ちの時間が

1番カイロに住む地元の人の暮らしを間近に見れたような気がする。


朝から波乱万丈ではあったが

良い1日だった。

About Me

​ハマサキアヤ

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Link