2010年エジプトの旅 DAY③④⑤ 太古の姿を残す砂漠「バハレイヤ・オアシス」へ!

エジプトに来た1番の目的は

バハレイヤ・オアシスに行く事だった。


バハレイヤというのはカイロからバスで5~6時間ほど行った所にある

バウィーティー村を拠点に

そこから4WD車などで入っていくサハラ砂漠のこと。

バハレイヤへの行き方は


カイロのトルゴマーン・バスターミナルから出てる

路線バス(冷房なし・420円)に乗って

まずはバウィーティー村に。

▲このバスに5〜6時間揺られる

▲ひたすら真っ直ぐの道 結構トバします

▲途中1回だけ休憩所のようなところに寄ってくれます

▲売店のようなところ

▲砂漠の中にたった1つの休憩所だからトラックの運ちゃんもみんな休憩



さて、カイロから5〜6時間かけてバウィーティー村に到着したら

やっとそこが砂漠への入り口です。

村には砂漠ツアーをやってる宿がいくつもあるので

プランや値段交渉をして4WDの運転手を確保。

旅行者同士でグループを組んでシェアすることで

値段は安くできます。


日帰りでバウィーティーに戻って来るプランもあるし

砂漠でキャンプ1泊、

あるいはカスタマイズすれば何泊も好きなだけ泊まることもできる。


でも、何にせよ相手はサハラ砂漠。

運転手がいなきゃ2度と帰ってくることはできないので

仲良く過ごすことが大事ですw


バウィーティーには

インターナショナルホットスプリングホテル

というオーナーが日本人の宿があります。

▲インターナショナルホットスプリングの食堂

▲部屋はシンプルですがキレイでした


私はひとり旅なので砂漠に行くにしてもひとり。

エジプト人のドライバーと砂漠のテントでふたりっきりで

大丈夫なんだろうか…と一応心配はするものです。


なのでオーナーが日本人ということで

相談のメールをしてみたら

「ウチは多少値段が他より高いんですがその分ドライバーは

 信用できる人間を雇っているつもりです」

とのことでした。


私はせっかくなので砂漠の奥のほうまで行きたかったのと

星空を見たかったので

砂漠で1泊したい、と交渉。

最初は私ひとりということだったのですが

現地でロシア人のご夫婦(結構年配の…)もそのプランに乗ってくれる、というので

3人で出発することになりました。

▲翌日からの旅に思いを馳せ、一杯。


砂漠へは4WDじゃないと入れません。

定員7人の車に3人だとゆったり座れてラッキーでした。

かなりガタガタ揺れるし、7人フルで乗った場合は

結構キツいかも…。

▲私たち一行を連れてってくれるドライバーさん


砂漠は不思議なもので

場所、場所で砂の色や形が大きく変わります。


まずは「黒砂漠」

▲4WDでも砂にタイヤがハマる 


そして次は

「クリスタルマウンテン」

▲クリスタルで出来ている岩


▲ひたすら砂漠を疾走



そして

「白砂漠」





▲白砂漠にテントを張って1泊します

▲白砂漠の中でもキャンプを張る場所は決まっているようで他のグループのドライバーさんたちが

 集まってくる。この日は他に2〜3グループいたと思う。焚き火を囲んで宴会スタート!

 それでも彼らはお酒を飲みません。

▲食事はドライバーさんが作ってくれます

▲翌朝 奥でドライバーさんが毛布に包まって寝ていますw

▲丸2日間、砂漠の中で過ごすというのは本当に貴重な経験でした

▲翌日バウィーティーに戻る最中に寄ったカフェだと思います

▲バウィーティー村に住む子供たち

▲ホテルのすぐ裏手の高台からバウィーティー村を見渡す

▲夕焼けが最高にキレイでした


エジプトを訪れる人の中でも、バハレイヤ・オアシスまで足を伸ばす人は

そう多くはないと思います。

ですが間違いなくオススメです。


砂漠を走るにつれて

黒砂漠→クリスタルマウンテン→白砂漠 と岩の様相が変わっていくのは

本当に不思議で、地球の神秘を感じます。


是非訪れてみてください!



About Me

​ハマサキアヤ

Featured Posts
Recent Posts